創業150年。信州木曽御岳に伝わる百草・百草丸・百草の湯・生薬・健康食品など木曾御嶽山麓の専門販売店「卯野薬房」(ウノヤクボウ)

  1. 目薬
  2. 【目薬】御嶽山六こん目薬 第2類医薬品

【目薬】御嶽山六こん目薬 第2類医薬品

【目薬】御嶽山六こん目薬 第2類医薬品

売価:864

在庫数:
在庫あり
カテゴリ:
目薬
商品コード:
4987352008518
数量
レビューを見る

レビューを投稿

生活環境の変化に伴い、目を酷使する機会がますます増え、目の疲れ、目のかすみ、充血などを訴える方が多くなっています。また、年齢とともにどうしても目の機能が低下してきます。
六こん目薬は目をスッキリさせ、目の充血、目のかすみ、目の疲れなどに優れた効果をあらわします。


【効能・効果】
目の疲れ、結膜充血、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)眼瞼炎(まぶたのただれ)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)

【成分・分量】
本品100 mL中に次の成分を含んでいます。

成 分分量作 用
タウリン0.100g目に栄養を与え、細胞の代謝を促して炎症によって損傷した目の組織修復を助けます。
コンドロイチン硫酸ナトリウム0.100g角膜を保護する働きと、薬の効き目を長く持続させる働きがあります。
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.010g抗ヒスタミン作用により、目のかゆみを抑えます。
ナファゾリン塩酸塩0.003g血管を収縮させ、目の充血を除去します。
※添加物として、ホウ酸、ホウ砂、塩化カリウム、l-メントール、d-ボルネオール、ゲラニオール、クロロブタノール、パラベンを含有します。
【用法・用量】
1日5〜6回、1回2〜3滴ずつ点眼して下さい。
<用法及び用量に関連する注意>
(1)過度に使用しますと、異常なまぶしさを感じたり、かえって充血を招くこともありますので、定められた用法、用量をよくお守りください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)容器の先をまぶたやまつ毛に触れさせないでください。
  容器の先が、まぶたやまつ毛に触れますと、目やにや雑菌等のために薬液が汚染または混濁することがありますので、ご注意ください。また、混濁したものはご使用にならないでください。
(4)保存の状態によっては、成分の結晶が容器の先やキャップの内側に白くつくことがあります。その場合には清潔なガーゼ等で軽くふきとってご使用ください。
(5)ソフトコンタクトレンズを装着したままご使用にならないでください。
(6)本剤は、点眼用にのみご使用ください。
【内容量】
15ml

【使用上の注意】
−相談すること−

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
   激しい目の痛み
(5)次の診断を受けた人。
   緑内障
2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)使用後に次の症状があらわれた場合。   
関係部位症   状
皮膚発疹・発赤、かゆみ
充血、かゆみ、はれ
(2)目のかすみが改善されない場合。
(3)5〜6日間使用しても症状がよくならない場合。
【保管及び取扱上の注意】
(1)使用後はキャップをしっかり締めて、直射日光の当たらない涼しいところに保管してください。特に車のダッシュボードなど高温下に放置したものは、容器が変形して薬液が漏れたり、薬液の品質が劣化しているおそれがありますので、使用しないでください。
(2)小児の手の届かないところに保管してください。
(3)誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れかえないでください。
(4)汚染をさけるため、他の人と共用しないでください。
(5)使用期限(外箱に書いてあります)の過ぎたものは、ご使用にならないでください。
(6)開封後はなるべく早く(2ヶ月以内に)使用してください。

◇◆六こん目薬のよくあるお問い合せ◇◆

Q1.何歳から使用できますか。
回答:症状や異常があった場合に訴えることができる年齢、一般に3〜4歳から使用できます。

Q2.説明書に緑内障の方は医師・薬剤師に要相談と記載になっていますが、使用してはいけないですか。
回答:目薬に含まれている成分(クロルフェニラミンマレイン酸塩)によって、緑内障の症状を悪化させる可能性があるため、記載しています。緑内障のタイプにより使用できるタイプもあるので主治医にご相談ください。

Q3.以前に白内障の手術をしたことがありますが、使用できますか。
回答:使用できます。

Q4.数年前より愛用しています。自分に合っていると思いますが、長期間使い続けても良いでしょうか。
回答:用法・容量内の使用であれば問題はありませんが、使っていて異常を感じたら使用を中止してください。

Q5.他の目薬と併用する場合の注意点はありますか。
回答:併用する場合は、5分以上間隔をあけてから点眼してください。続けて点眼する場合は、一番効果を期待するものを最後に使用してください。

Q6.コンタクトをしていますが、六こん目薬は使用できますか。
回答:コンタクトレンズはいったん外して点眼後5分以上経ってから再装着してください。特にソフトコンタクトレンズの場合は、薬液の成分がレンズに吸着しやすいため、外してください。

Q7.説明書にハードコンタクト使用時の不快感と記載がありますが、ハードコンタクトをしたまま使用しても良いのですか。
回答:ハードコンタクトをしたまま点眼しないで、外してご使用ください。

Q8.開封後はどれくらいもちますか。
回答:開封後はできるだけ早く、2ヶ月以内に使用してください。

Q9.外箱に記載されている使用期限は未開封の場合ですか、開封後の場合ですか。
回答:外箱に記載されている使用期限は、未開封の場合の使用期限になります。開封後は添付の説明書に記載されていますが、2ヶ月以内に使用してください。
 

ページトップへ